ひとりっ子長男は特定不能の発達障害

【境界知能の兄】アニメ専門学校を卒業後フリーターへ

 

 

未診断ですが、妹(私)の目から見て 境界知能で自閉症スペクトラムADHD要素も強い兄(昭和57年生まれ)の専門学校~フリーター時代についてです。

 

酷い状態の兄を包み隠さず書いていますが、

境界知能だから

自閉症だから

ではありません。

時代も環境も悪く、適切な療育を受けてこなかった結果がこれだと思って読んでください。

 

前回↓

 

専門学校

私が高校2年生の時に、2学年上の兄は県外のアニメ関連の専門学校へ進学し、一人暮らしを始めました。

 

母は心配して毎日のように電話をかけ、兄も頻繁に帰省をしていましたが、同居時代に比べると私の生活はみちがえるほどストレスフリーになりました。

 

発達障害児を育てている私から見て、兄は境界知能、自閉症スペクトラムADHDの不注意があります。

 

そんな兄でも案外独り暮らしできるものです。

 

住むところなどは親が全て段取りをし、隣の県なので母が数か月に1回サポートしに行っていました。

(掃除、ご飯の作り置き、課題や専門学校の手続き関係のチェックなど)

 

専門学校は学費が高い分、カモを逃すまいと(?)手厚くサポートしてくれていたみたいです。

 

母の話を聞くと、兄の部屋は散らかり放題で足の踏み場もないほど。

台所やお風呂はカビだらけだったそうです。

 

その専門学校では資格を取ったりすることはできませんでしたが、卒業しただけよかったのか?と今になっては思います。

 

兄は良い経験にはなったと思っているみたいです。

 

・一度も実家を出たことのない❝子ども部屋おじさん❞を下に見て「自分はやつらとは違う」と思ったり

(実家を出ていなくてもしっかり働いて親に敬意を払っているなら全然兄より上ですけど。兄は一人暮らしを経験した、ということを「インターハイに出場した」くらいのテンションで誇りに思っている節があります)

 

・アニメの知識があるから、俺は専門家みたいなものだ、とTwitterでアニメーターや声優にクソリプを飛ばしたり

 

といった悪い影響もありましたが。

(アニメ監督などには絡まない所で兄の小物感が分かります)

 

そういうことで、兄は21年前に専門学校を卒業し、憧れのアニメ関係の仕事には就けず実家に戻ってきました。

 

2学年差の私は幸運なことに、兄とは入れ違いに大学進学の為一人暮らしを始めました。

 

 

 

兄のケチエピソード

ここいらで兄の大きな特徴の一つであるケチエピソードを披露したいと思います。

 

それまでも兆候はありましたが、2年間の一人暮らしを終えた兄はドケチに磨きがかかっていました。

(家賃、生活費は完全仕送りで、小遣い稼ぎにバイトを数か月しただけなのに)

 

ケチといっても方向性は変です。

 

例1)お菓子、ジュース、ジャンクフードが好きなのですが、スーパーのチラシを見て1円でも安い店を求めて自転車ではじごする。

 

自転車だからガソリン代もかからないし、運動になるから良いのですが、1円を気にするくせにアニメDVDや漫画は「レンタルは自分の物にならないから嫌だ」と次々に内容も知らないものを買っています。

 

同じ理由でAmazonプライム、ネットフリックスなども利用せず。

「アマプラで見て、気に入ったら買えば?」

と言っても

「いや、そういうのはいい」

と頑なです。

未知のものは意味が分からないんでしょう。

 

ブックオフのヘビーユーザーなのは良いけど、買ったらコレクション欲が満たされ満足するのか(ワーキングメモリが低いのもあって忘れるのか)ブックオフの袋に入ったままの漫画やDVDボックスが散乱しています。

 

 

例2)クーラーは電気代が高いからとほとんど使わない。

毎年熱中症になりかけていました。

軽い吐き気と頭痛がして体が重いのを「熱中症じゃない!鬱だ!」と言い張っていました。

ある夏に実際に心療内科にかかり鬱傾向と診断されてしまいました。

 

でも、そういった体調不良は夏だけで、ある年に親が無理やりクーラーを付けさせたらその年以降は夏恒例の体調不良が治まりました。

 

そうやってクーラー代は気にするのにガスファンヒーター代は気にしないのもおかしい点です。

 

寒がりなくせに冬でも厚着を嫌う兄は冬場の朝はガスファンヒーターの前を占領しています。

半袖半ズボンで靴下も履かず。

私や母がエアコンよりガスファンヒーターの方が光熱費が上がると図を見せて説明しても変わりません。

 

以前、支援級あるあるにも書きましたが、兄含め発達障害の子は薄着にこだわる率が高いと思います↓


兄のケチには思わず笑ってしまう、笑うしかないエピソードもあります。

 

兄がフリーターで私が大学生の頃の話です。

私が実家へ帰省中にうっかり廊下の電気を切り忘れたときのことです。

 

兄が

「お前は無駄遣いばかりだ!」

「金食い虫!」

「親に金ばかり出させて!」

と罵ってきたんです。

 

ここで、兄と私にかかったお金を振り返りましょう。

 

 

塾、家庭教師を使い、無謀な受験をした結果、市内でも学費が高いことで有名な私立高校へ

高額な専門学校へ

都会にあるので家賃も高い

「専門学校は2年間しかないからカリキュラムが忙しい」とバイトもほとんどせず

卒業後は

「正社員は自由がなくなるから」

とファミレスでフリーター

実家にお金は1円も入れていない

朝は母に起こしてもらい、お弁当も作ってもらっている

掃除は嫌いで自分の部屋のみならず、リビング、空き部屋、階段などに主にBOOKOFFの袋や駿河屋の段ボールに入ったままの漫画を積んでいる。

もちろん家事負担はゼロ

 

公立高校から県立大学へ

「あんたなら大丈夫」と塾や家庭教師の利用はなし

大学は都会から離れていたので家賃は安い

親は何も言わなかったが、兄にお金がかかっていることは分かっていたので仕送りは最低限で大丈夫と言いバイト3つ掛け持ち

帰省中は家事を手伝う

(この時はまだですが、大学卒業後は実家に戻らず一人暮らし、正社員)

 

「誰が金食い虫だって!?お前の方だろー!!!」

 

と言いたいところですが、もう言い返す気力もなく…。

 

「❝金食い虫❞という単語をよく知っていたな~」

と心の中で思ったくらいです(;'∀')

 

兄は本気で見えていないんです。

いろんなことが。

「俺は給料をもらっている」

「妹はまだ学生」

「親のすねかじりの妹が廊下の電気を消し忘れた!電気代がもったいない!」

ということだけ兄の中でハッキリしていたんでしょう。

 

ケチというか自閉症スペクトラムからくる「こだわり」もあると思います。

 

兄もかわいそうな人なんです。

 

バイトも最初は洒落たカフェレストランだったけど首になり、今のファミレスになったみたいだし、

「正社員にはなれないんじゃない、ならないんだ!」

と言うけど、本当は「なれない」ってみんな知ってるし。

 

やっぱり16年一緒に育ってきた兄だからか、同情心も少しはあります。

兄も犯罪を犯した訳ではないので。

 

 

次は今現在の兄の様子について書きたいと思います。

 

家族は兄のどんなところに困っているのか…長くなりそうです。

 

↑ハルのためというより、兄のことを考えて図書館で借りました(-_-;)

 

 

続き↓

 

※このページの下の方に👇カテゴリーや注目記事があるので、良ければそちらも見ていってください☺