療育日記/ハルは特定不能の広汎性発達障害

ひとりっ子長男は特定不能の発達障害

IQ50→IQ87→IQ102 現在小2 情緒級に楽しく通えています

【生後5日目】心臓動脈管開存症と発覚

このブログは「社会的コミュニケーション障害」「特定不能の広汎性発達障害(PDD-NOS)」のハルについて書いています。詳しくはこちら↓

 

退院の日、小児循環器の医師から話があると呼び出されたので、ハルをナースステーションに預け、恐る恐る話を聞きに行きました。

 

医師から

「あかちゃんの心臓に雑音があり、検査をしたところ心臓動脈管開存症PDAがみられる」

と説明がありました。

 

専門的な話はよく分かりませんでしたが、噛み砕いて説明してもらったものを頭の中で整理すると、

 

“生後48時間でほとんど閉じるはずの動脈管が閉じていない”ということみたいでした。

 

「重度ではなく、症状も出ていないため一カ月健診で様子を見ましょう」

 

「この程度の開存症だと一カ月健診では閉じてるケースがほとんどです」

 

「注意点などはないので、普通の赤ちゃんと同じように育児をしてください」

 

こう言われましたが、初めて“心臓動脈管開存症”という病名を聞き、不安いっぱいのまま退院することになりました。

 

↓この用紙には「家族への説明 心臓病センター小児用」と書いてありました。

 

f:id:PDD-NOS:20210603133700j:plain

 

❀ページの下の方にカテゴリー注目記事を載せているので、良ければそのあたりまで見ていってください☺