療育日記/ハルは特定不能の広汎性発達障害

ひとりっ子長男は特定不能の発達障害

IQ50→IQ87→IQ102 現在小2 情緒級に楽しく通えています

【4、5、6歳】サリーアン課題という心理検査をしてみた

このブログは「社会的コミュニケーション障害」「特定不能の広汎性発達障害(PDD-NOS)」のハルについて書いています。詳しくはこちら↓

 

サリーアン課題という心理検査をご存知でしょうか。
 
 
この検査で分かるのは
「他人の心を推測する能力(心の理論)があるのか、ないのか」
です。
 
標準誤信念課題”とも言うそうなのですが、
 
3歳8か月では正答率が50%以上、4歳代で90%以上、6歳では95%の子どもができるそうです。
 
定型発達の子だと正答率が高く、自閉症スペクトラムASD)の子だと正答率が低いので自閉症かどうかを見定めるのにも使えるそうです。
 
自閉症児でも年齢が上がると正答率があがるそうですし、6歳で解けなかったからといって=自閉症という訳ではないでしょうが。
 
 

4歳10か月

最初に試してみたのはハルが5歳になる前です。

ちょうどその頃は「間違えたくない」「失敗したくない」完璧主義の時期(←自閉症あるある)だったこともあり答えてくれませんでした

問題を解く以前の問題…
 
でも、問題に取り組めたとしても正解はしなかっただろうなぁ。
 
4歳の頃がどのくらいの発達状況だったかはこちら↓

 

5歳6か月

5歳半になる頃には完璧主義も少しは和らいでいたので、再びトライすることに。
 
サリーアン課題で検索して出てきた画像をタブレットで見せ、問題文を読み上げました。
 
私「サリーがボールを探すのはどこでしょう」
ハル「???」
と言った感じでよく分かってなさそうでした
 
理解力?想像力?ワーキングメモリ?なにが問題かは分かりませんが…
 
やんわりヒントを出してみました。
私「サリーはハコにあること知ってるかなぁ?」
ハル「アンが取っちゃうのこっそり見てたんじゃない?」「人の物取ったらダメなのにね!」
 
なんかズレてるぅぅ~( ;∀;)
国語のテストで「主人公の気持ちを考えなさい」
が出来ないタイプなのか…
 
このころの細かい発達状況はこちら↓

 
“自閉度は低い”と言われるのもあり、こういう問題は分かりそうなタイプだなぁ、と思っていたんですけどねぇ。
私にも親バカフィルターがあったみたいです"(-""-)"
 
自閉度は低いけど、精神的には幼いって何度も指摘を受けてるんだったー!
 
ハルが自閉症スペクトラムというのは受け入れたつもりだったんですが、こういう時にイマイチ受け入れられてない私の心の奥底の気持ちががムクムク出てきます。
 
ハルは正答できた90%の方に入るんじゃない?思っちゃうんですよね~
実際は誤答だった10%の方なんですが( ;∀;)
 
心から子どもの障害を受容できてる人だと子どもが10%の方に入ったとしても
「ふーん」
くらいで済むんですかね…
 

6歳4か月

そして、ハルが6歳4か月の時にまたまた試してみました。
 
私「サリーがボールを探すのはどこでしょう」
ハルは「…カゴ?」
と答えました。
 
私「あってるよー」「なんでそう思ったの?」
ハル「だってそうじゃん~」
と説明はできず
 
最近のハルの様子から
「だってサリーはアンが隠したの知らないじゃん」
くらいは答えれると思ったのになぁ。
 
いや、なんだか自分の答えに自信はなさそうだし、他人の心を推測する能力(心の理論)も育ち切ってはいない感じです
説明能力?言語能力にも課題があることが分かりました。
 
 
こういう本を使ってSSTに取り組む必要がありそう…
放デイでも取り組んでくれてるけど。
 
 
発達検査といえばこれ
 
↑0歳~4歳7か月まで適用の発達検査です。
ハルが3歳5か月の時に児童精神科で受け知りました。
もっと早く知っていたら一つの指標として毎月チェックできてたのに!と思ったのでお知らせします。

※問診だけなので素人でも簡単にできますが、本来は医師や臨床心理士などの専門家が行うもの、ということだけご承知おきください。

 

これの5歳~10歳バージョンとかもあればいいのにー
目安がないと不安になるブレブレ母ちゃん(-_-;)