療育日記/ハルは特定不能の広汎性発達障害

ひとりっ子長男は特定不能の発達障害

IQ50→IQ87→DQ103→IQ98 現在小2(学区外の情緒級)

医師から聞いた/自閉症かどうか判断する方法

 

 

↓はじめての方はぜひ読んでください♪

 

 

胡散臭いタイトルを付けてしまいました(。-人-。) 

 

これは、とある講演会で講師をしていた精神科医の先生が本当に言っていた言葉です。

 

 

これをしたら自閉症

みたいな決めつける話は好きじゃないのもあって、今まで書かずにいましたが

(講師の先生の印象も悪かったし)

5年も前のことだし、これも一つの指標になるかな

と思ったので、今回書くことにしました。

 

「あかちゃん 自閉症

自閉症 特徴」

発達障害 判断基準」

などのキーワードで検索しまくってた頃の私だったら、少しの情報でも欲しかったと思うので。

 

ハルの障害が発覚して以来、保護者向けの講演会や勉強会に参加しまくっていた時期もあったなぁ。

今は、全然ですが(-_-)zzz

 

 

自閉症かどうか判断する方法

 

その医師が診察の中で

自閉症スペクトラムの傾向があるかどうか判断するのに使っている手法≫

だそうです。

 

1歳~2歳くらいの発達段階の子に有効という話だったかな?

(実年齢というより、発達段階

4歳の子でもDQ50で2歳くらいの発達といえるなら有効)

 

使うものは

この、よく見るおもちゃ

くるくるチャイムです。

 

 

背後から入り口をふさいだ時に

【ふさいだ手だけを見て、どかそうとする】

自閉傾向がある


【ふさいだ人の顔や表情を確認する様子がある】

自閉傾向なし、もしくは薄い

 

との話でした。

 

くるくるチャイムでなくても、似たようなおもちゃなら同じ要領で出来るとのことでした。

 

スロープ系なら

「スロープの途中で車を止めて反応を見る」

といった感じで。

 

 

ここからは私の解釈なのですが、

自閉症児によく見られる

 

・目が合わない、人の顔を見たり、表情を読むのが苦手

・人より物に興味をもつ

・クレーン現象をする

 

という特徴を判別するのにぴったりな方法なのかなぁ?と思いました。

 

 

ハルの場合

 

ハルはクレーン現象は0ではありませんでしたが、気になるほどはしてなかったと思います。

(言葉のクレーンはうんざりするほど多かったけど…)

 

↓ハルの特徴

 

 

私はハルが3歳の時に参加した講演会でコレを知ったので、

帰宅後、3歳のハルに試してみました。

 

ハルは、おもちゃの進路をふさぐ手にも注目したけど、私の方を振り返って

「なんでこんなことするん?」

みたいな顔をしていました。

 

 

でも、3歳だからかなぁ?

1歳の頃試したらどうだったろう?

 

1~2歳の発達段階で確認することに意味があるんでしょうから。

 

↓主治医とハルのやり取り

 

 

ハルが今でも苦手なのは

「見てみてー」という時に

❝見せたいものを相手に見えるようにすること❞

 

タブレットやノートなど、「いや、見えない」ってツッコみたくなるような角度で見せてくることが7割。

 

❝相手からどう見えるか❞

を想像するのが苦手なんでしょうね(;'∀')

 

 

 

↓ちゃんとエビデンスのあるサリーアンはこちら

 

※このページの下の方に👇カテゴリー注目記事があるので、良ければそちらも見ていってください☺

【知育・療育】おすすめカードゲーム&ボードゲーム

 

はじめての方はこちらをどうぞ

 

今回はハルがハマったボードゲームやカードゲームを紹介しようと思います。

 

switchも持ってるし、YouTube大好き、ロブロックス大好きなハルですが、割とボードゲーム類も好きでやっています。

 

私もつい「ダラダラYouTube見るよりは脳トレになりそうなことをして欲しい!」

と思って、ハルが興味を持ったらすぐに買ってしまいます(^^;)

 

オススメを書いていきますが、対象年齢などの詳細は口コミを参照してくださいm(__)m

 

私は大体Amazonのレビューを参考にして買っています。

楽天やメルカリでも見ますが、大体Amazonが最安値)

 

「対象年齢は6歳~となっていますが、うちの子は3歳から出来てます☆」

みたいなレビューは全然参考になりませんが(ー_ー)

 

 

ハルのオススメ①

モノポリージュニア

そろそろジュニア版ではないモノポリーも出来るようになるかなぁ?

 

マリオ版、どうぶつの森版も面白そうなんですよね。

 

ハルのオススメ➁

どうぶつしょうぎ

ギフテッドでもないし、特別な才能が開花することはありませんが笑

 

↑「おおきな森」バージョンは難しそうでまだ手を出していません~

 

 

 

ハルのオススメ③

57577

最後に誰の短歌が一番ステキか投票することになっているのですが、我が家ルールではそこを省略しています。

そうすれば「勝ち負けないゲーム」になるので一番病が酷い時にも大丈夫でした✨

笑えるし、気楽に取り組めるので私はこれが一番好きです。

 

ハルのオススメ④

ナルハヤのつるぎ

異世界で剣を作る、といったゲームの背景が少年心をくすぐるらしいです。

ナルハヤって「なるべく早く」の略なんですね…

知ってても実生活で使う勇気がないアラフォーです。

 

 

ハルのオススメ⑤

ピッグテン

前にも書きましたが、楽しく足し算の練習をするにはぴったりです♪

本当はそろばんでも習って欲しいけど「いやだ」と拒否のハルに少しでも数字に強くなってほしくて(;'∀')

 

 

ハルのオススメ⑥

はぁって言うゲーム

これは有名ですよね。

❝声のイントネーションでどういう感情を込めているか当てる❞

というゲームなのでソーシャルスキルレーニンにもなる?と密かに思っています( *´艸`)

 

ハルのオススメ⑦

ザ・マインド

写真に載せるのを忘れましたが、これも「相手の考えを読む」ゲームなのでSST的な効果も期待しちゃってます。

協力プレイ型なので勝ち負けがないのも良い✨

57577の次に私が好きなゲームです♪

 

 

ハルのオススメ⑧

メイメイ

これはYouTuberがやってたー!欲しい!とせがまれました。

架空の名前を付けるのですが、想像力UPにつながらないかなぁ?と期待しています。

 

友だちが少ないハルのカードゲーム相手はほぼ私…。

知育になる!とでも思わないと相手するのがしんどいのが本音です~( ;∀;)

 

 

↑あとはDAISOに売ってあるカードゲーム類!

ハルは「変顔マッチ」が特にお気に入りです。

人狼っぽいのとか、うんこモチーフとか。

100円でありがたい~✨

 

次に狙っているもの

 

トーキングゲームひらめき列車です。

どちらも

・自分の考えを話す

・相手の話を聞く

良い練習になるかなぁ?と思うのですが、何回も同じ人とやったら飽きるタイプのゲームだよなぁと思って、プレイする相手が限られる(ハルも私も友だちが少ない)環境なので買うのを躊躇しています^^;

 

「ひらめき列車」が検索しても出てこない💦

↑これと同じスキルマティクスという会社の製品です。

 

親が「これやってみない?」

と言ったものに付き合ってくれるのもきっとあと数年ですよね。

 

ハルの遊びに付き合うのはしんどい時もありますが、この時間を大事にします( ;∀;)

 

 

以前まとめた療育・知育グッズもどうぞ↓

 

※このページの下の方に👇カテゴリー注目記事があるので、良ければそちらも見ていってください☺

海外ドラマの発達障害子育てに共感【ジェーン・ザ・バージン】

 

↓はじめての方は是非こちらを読んでください♪


『ジェーン・ザ・バージン』(ヴァージン)というドラマのネタバレなので、知りたくない方はここまでで✋

 

 

あらすじを知るにはこちらがオススメです↓


ドラマの内容を簡単に説明すると

処女を貫いてきた主人公が誤って人工授精されてしまい、妊娠、出産、子育てする

というアメリカのコメディードラマです。

 

私は大好な『THIS IS US』というドラマの登場人物

(ケヴィン役のジャスティン・ハートリー)

カメオ出演しているという情報からこのドラマを知りました。

(ちなみにその出番はシーズン5の8話)

 

ただのコメディードラマだと軽い気持ちで見ていたのですが、シーズン3から主人公の子どもが言葉が遅く、やんちゃで手がかかるという描写が増えてきて、シーズン5ではADHDと診断されており、途中からは子育て目線でも見るようになりました。

 

このドラマは2014年から制作が始まっていて、

子どもの発達の遅れについて触れだしたシーズン3は2016年。

ADHDと診断されるシーズン5は2019年です。

 

私は2020年、ハルが6歳の時にこのドラマを見始めたので子育て部分については共感の嵐でした。

 

障害を疑った時の気持ち

周りの子との差に愕然とするシーン

などなど。

 

主題は「子育て」ではないし、あくまでコメディーなので共感できないシーンもたくさんありましたが(;'∀')

 

ドラマの内容

アメリカではこんな感じなんだ!

と面白かったので書いてみます。

 

ADHDと診断される子の名前は「マテオ」です。

両親は未婚なので「父親」「母親」と書きます。

 

 

シーズン3の9話

 

まず、子育てサークルで1歳半~2歳くらいの時同学年の周りの子が2語文で話しているのを聞いて

「うちは、ママ・パパだけしか言わないわ!」

と焦り始めます。

(でも、初語は1歳の誕生日前で早かった)

 

主治医には「3か月様子を見て改善が見られなければ言語療法を」と言われました。

 

 

シーズン3の11話

 

場面が飛んで

「魔の2歳から悪魔の4歳になった」

とナレーションが入ります。

 

それまでのゆるい幼稚園から他の幼稚園へ移る面談で

「衝動が抑えられないのでシャドー(加配)を付けてはどうでしょう?」

と提案されます。

 

父親母親そろって

「大げさな」「そこまで必要?」

と反応するけど

「うちの園に通いたいなら必須です」

と言われました。

 

とりあえず2週間の猶予がもらえ、どうにか「シャドーを付けずに済むよう、回避しよう」とします。

 

が、マテオは

・物を友だちに投げる

・友だち髪の毛をひっぱる

・母親の髪をハサミで切る

・とにかく言うことを聞かない

 

父親は

「マテオは自分を抑えられない子、その事実を受け入れなきゃいけない」

と現状を受け入れます。

 

シャドー(加配)の先生と合う合わないでひと悶着ありつつ、理解のあるシャドーが決まって一件落着。

 

 

シーズン5の8話

 

次は6歳になり、小学校に上がって問題が勃発

 

マテオが友だちから「のろまバカ」と言われたことで癇癪を起こしました。

癇癪のことを❝メルトダウン❞と表現していました。

 

そして、担任の先生からは

 

「もちろん暴言を吐いた子には二度と言わないように注意をしました。両親とも話し合うつもりです。が、こうなった原因はマテオが目立っているからかもしれません」

 

「彼は文字を読むことに苦労している」

 

「かなり遅れをとっているんです」

 

「ほとんどの子はスラスラ読めています」

 

「改善するには無理強いをせずに、読み聞かせや言葉遊びを」

 

と指摘されます。

 

 

 

シーズン5の10話

 

担任から呼び出され検査を勧められます。

「周りの子に比べて違いが大きい時は検査をするのもいいかと、念のためです」と。

 

学習障害、感覚処理障害、ADHD、読み書き障害、もしくは個性と考えられます」

 

「気になる点も多いので専門家に診てもらうことをお勧めします」

 

なんてスムーズな言い回し!と思いました。

(訴訟大国のアメリカだから?アメリカでも「先生から障害児扱いされた!」とキレる親もいるのかな?)

 

マテオの父親は

「まだ6歳だ」

「自分もそうだった」

「男の子はこんなもんだ」

「医者は何もなくてもハロウィンの飴を配るように診断をくだしまくる!」とまで言って検査に否定的。

 

母親は現実的で、何か対処すべきことが分かるなら早めに検査を受けさせたい、とその日の内に医師に検査の予約を入れます。

(これで喧嘩になるが、父親が理解してくれる

この辺がドラマだなぁ。

私の周りの理解の無い父親達はこんなにすんなり理解してくれることはなく、大体が年単位かかっています。

もしくは、ずっと理解しないまま)

 

 

シーズン5の10話

 

発達検査の結果、ADHDと診断されます。

医師から言われたのは

「彼は不注意と衝動性で苦しんでいる」

「実行機能障害が損なわれている」

「ものごとをやり通せない」

「自分を制御できない」

「本人にとって集中したり優先順位をつけるのは大変」

「行動療法、薬物療法どれが合うか一緒に考えましょう」

という言葉。

 

両親はショックを受けるが、受容までが早い。

「誤診じゃない?」「信じられない」がない。

ドラマの主題ではないから仕方ないけど、この辺が浅かったなぁ(-_-)

 

二人のセリフ

「怖くて悲しい」

「大変な思いをするかもしれないが、彼にはそれが普通」

「彼は昨日と変わらず今日もすばらしい子」

 

 

シーズン5の11話

 

医師には薬物療法もあると言われたけど、

最初から薬には頼りたくない、

という意見は父親も母親も一致。

 

合言葉は

「一喜一憂せずにパターンを重視」

行動パターン(どういう時に癇癪を起すか)をノートに記録し始めます。

 

が、ガチガチに頑張り過ぎて親子でうんざり。

 

母親

「自分の人生も大事にしなきゃ」

「できるだけのことをしなきゃ!でもできる範囲で(無理はしない)」

とガチガチになるのはやめてルールを緩めました。

 

 

 

シーズン5の12話

 

父親が小学校の発表会の練習で好き勝手する我が子を見てADHDの薬を与えることを検討し始めます。

「行動療法をしてきたけど、効果を感じない」

「副作用はあるが、見守ればいい。薬は大きな助けになる」

と。

でも母親は

「もう少し様子を見たい」

「2週間だけ待って」

 

薬に頼らずにやり遂げよう、と家で発表会の歌とダンスを自主練し始めます。

 

本番では最初うまくいきますが、観客の中で赤ちゃんが泣き始めると、マテオは耳を塞いで「やめてー!」と叫び、みんなの歌とダンスが止まってしまいます。

 

発表会が終わった後、

「悪いのは僕じゃない、泣いてた赤ちゃんなのに」

「僕はちゃんとしたかったのに、こんな風になるのはやだよ」

というマテオに母親は

「私のせいだわ」

と服薬を決断しました。

 

その後、服薬のお陰とは明言されていないけど、最終回まで問題は起こさずに過ごせます。

 

 

シーズン5 最終話

 

マテオが「将来立派に育つ」と示唆されるナレーションが入り、主人公も幸せになり、無事ハッピーエンドという終わり方でした。

 

 

他の海外ドラマ

ちょっと前に韓国ドラマの『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』が話題になりましたよね。

自閉症の弁護士が主人公ということで気になっていますが、韓国ドラマは見たことがなく。

ハマったら沼が深そうで手を出せていません(;'∀')

 

【8歳0か月】WISC-ⅣでIQ98/聴覚優位ってどういうこと!?

 

↓はじめての方は是非こちらを読んでください♪


WISC-Ⅳとは

ウェクスラー式知能検査の一つで、「ウィスク・フォー」と呼ばれています。

ハルが受けた検査は正確には

「日本版 WISC‐Ⅳ」です。

 

日本版では2011年にWISC‐Ⅳが出て2022年には11年ぶりにWISC-Ⅴが出たそうなのですが、2022年8月の時点では、WISC‐Ⅴを実施している病院は市内にはないそうです。

スクールカウンセラーさん情報)

 

WISC‐Ⅴでは知覚推理がなく、その代わり視空間指標流動性推理指標という項目があるそうです。

 

WISC-Ⅳより時代に合っている検査内容だったり、より細かく知れたりするのでしょうか?

 

ハルが次に発達検査を受けるのは高学年になって中学校をどうするか考える時かな?と思っています。

 

その頃には日本でもWISC‐Ⅴが主流になってるのかなぁ?

 

WISC-Ⅳに関する都市伝説

・田中ビネーや新版K式より10くらい低く出る

・❝できる子❞は問題が進むので検査時間が長くなりがち

・凸凹が15以上あると生きづらい

・凸凹20あると発達障害と診断できるくらい

・健常児は凸凹があまりない

・健常児でも凸凹はある(どっちやねん)

・「人類のIQは上がり続けている」と言われているので、平均はIQ100じゃなくてIQ110くらいなんじゃない?

・IQ90で通常級についていくのがやっと

・IQ89以下だと通常級はしんどい、支援級の方が良い

 

などなど今までに先輩ママからいろいろ聞いてきました。

 

都市伝説ですからね。

どこまで信じていいやら(;'∀')

 

検査時のハル

・8歳0か月(誕生日の数日後)

・初対面の臨床心理士さん

・親は待合室で待つ

・体調、メンタルも良い日で落ち着いて受けられる

・1時間半~2時間かかると言われたのに1時間弱で終わる

←できる子はどんどん年齢上の問題などにも進むから時間がかかるという噂を聞いていたので「これは期待できないぞ。。。」と思いました(;'∀')

 

ハルはハル。自分は自分。

 

数字に振り回されるのも良くないって分かってるけど、やっぱりIQやDQが下がるとガッカリするかもなぁ。

人間だもの。

という心境でした(-_-;)

 

検査結果

結果は臨床心理士さんからではなく、主治医から告げられました。

(定期受診している発達センターはそういう方針らしい)

 

WISCーⅣの結果用紙 IQ98

 

全検査IQ98

 

言語理解(VIC)106

知覚推理(PRI)89

ワーキングメモリー(WMI)107

処理速度(PSI)90

 

という結果でした。

 

WISC-Ⅳ 合成得点グラフ

↑グラフはこちら

IQ100の赤線は主治医が引いたものです。

 

ちなみに

こちらにも書きましたが、

 

IQ130以上 きわめて優秀

IQ120~129 優秀

IQ110~119 平均の上

IQ90~109 平均

IQ80~89 平均の下

IQ70~79 境界線級/ボーダーライン

IQ70未満 知的障害

発達障害辞典』(パスカル Jアカルド 他 2011年 明石書店

 

となっています。

IQ70~79については

境界知能

知的境界域

などとも言われるみたいですが。

 

 

噂では15あると「本人が生きづらさを感じる」という凸凹

ハルの結果は凸凹18でした

(ワーキングメモリー107と知覚推理89の差)

 

本人が自己評価するのは最高値

(ハルの場合は107)

周りが評価するのは最低値

(ハルの場合は89)

というネット情報を見たことがあります。

 

ハルは「自分で思ってるほど他人に評価されない、認めてもらえない」という思いを持っているという可能性があるのかなぁ。

 

最初に、この検査結果を渡された時は

IQの目盛りは40~160まであるんだぁ~

IQ160が出る人もいるってこと?すごっ!

と変な所に目がいったものです。

 

2年4か月前に受けた新版K式の検査がDQ102だったので、DQ(発達指数)とIQ(知能指数)の違いはあれど4下がっていました↓

 

 

WISCはIQが低く出がち

という噂はハルの場合は当たっていました。

いや、成長と共に「定型発達児」との差が開いただけとも言えるのか(?)

4くらいなら誤差の範囲なのか?

 

でも、IQが100ちょっとなのと100弱なのでは受け止め方が変わるというか。

やっぱり平均値の100を切って残念に思う気持ちはありました。

 

主治医から言われたこと

・典型的な聴覚優位

・目で見るより、言葉で説明して

・知覚推理の低さはトレーニングで改善するものではないので、経験を積むしかない

・処理速度が低いと板書がしんどい場合もあるけど、一概には言えない

(ハルは今のところ板書速度に問題はないみたいですが、まだ2年生だし、支援級だし…これから困難になっていく可能性はあります)

 

今までの発達検査も、ハルをより知る上で役に立ちましたが、WISCはそれが段違いだと思ったし、学校にも提出することで、より理解を求められるな!思いました。

 

毎年、担任の先生に提出しているサポートブックにも反映させようと思います☆

 

 

検査結果で一番衝撃を受けたのは

「典型的な聴覚優位型だね」

と言われたこと。

 

療育と言えば「視覚支援」

 

1歳半検診後の親子教室時代からどっぷり視覚支援に浸かってきましたが、まさかの聴覚優位だったとは!

 

どうりで「見たらわかるでしょ」が通じない訳だわ(;'∀')

 

発達障害だから仕方ない」と思っていましたが、本当は「発達障害な上に聴覚優位だから」なのか?

 

「見ても分からない」からパニック状態だったんだな、癇癪を起していたのかな?という小さいころの場面を思い出して、あの頃のハルが可哀想にもなりました。

(理解してあげられてなくてゴメン)

 

 

世の中は障害に関係なく視覚優位の人が多数派で、聴覚優位は少数派らしいです。

 

ここでもまたマイノリティー( ;∀;)

と地味に落ち込んでいましたが、通っている放課後等デイサービスの管理者さんと面談した時に

「中学、高校で勉強が難しくなるにつれ、先生は板書で説明し切れないものを言葉で説明することが増える」

「そうなった時に聴覚優位は強みになるよ」

と励ましてもらえ、少し気が楽になりました。

 

余談ですが、ハルは音楽が好きで最近はAdo(ウタ)のTot Musicaウタカタララバイなどの、私からしたら「何て言ってるの!?」と思うような聴き取りにくい歌詞もよく聴き取ってるなぁ、と思っていました。

これは聴覚優位とは別問題かな?

 

WISCの専門書?を読んでみた

WISC‐Ⅳによる発達障害のアセスメント

↑これです。

 

この本には

ADHDによくみられるパターン

ASDによくみられるパターン2つ

知能に遅れがあるASDは…

知能に遅れがないASDは…

 

など、グラフ付きで数ページにも渡りとても詳しく書いてありました。

 

少しだけ書くと処理速度が大きな鍵になるのですが、私は知覚推理の方だと思っていたので意外でした。

(だって知覚推理は"言葉の裏を読む""背景を理解する"に直結するし、知覚推理が低い事例を読んだらザ・自閉症だし、ハルも知覚推理が低いし←処理速度も低いけど)

 

でも、確かにASDADHDの子たちのWISC情報を見て処理速度だけ突出して高いパターンはあまりみたことがない。

 

また、事例やQ&Aもたくさん載っており、ハルは

逆N型(聴覚処理優位型)で、この型については

 

事例A 話すことにつまづきはないが、漢字の習得に困難が見られる小学3年生

として

基礎情報

相談理由

家族構成

生育歴

教育歴

相談歴

受診歴

学校での様子

WISC‐Ⅳの実践と結果

結果の解釈

総合的解釈

コメント

補足情報1,2

 

など135ページから145ページまで10ページも細かく書いてあり、とても参考になりました。

 

他にも

○○が高く、△△が低い型の場合…

などと全ての組み合わせを網羅してるの?というくらいの事例の量なので厚くて重い本になっています(;'∀')

 

Q&Aには

Q. PSIが弱いのは、処理速度が弱いことを現わすと言われていますが、こだわりや固執性が強い子どもや強迫性の強い子どもでも弱いという結果になることがあります。それはどうしてでしょうか?

 

というものがあったり、

 

・○○が弱い子どもに対する支援の基本方針

・WISC‐Ⅳで扱う主な心理統計用語

・学習面や行動面の困難に教育支援ニーズのある子どもの特徴

・米国精神医学会による神経発達症群/神経発達障害群の診断カテゴリー

があったり

・下位検査ってよく聞くけど何?という疑問が解決したり。

 

病院では時間がなくて聞けなかったWISC‐Ⅳの謎が全て解けたので、読んでよかったです。

 

本をセールスする人みたいになりましたが(笑)

買うには勇気がいる金額です( ;∀;)←私だけ?

 

私は療育ママ友が「この本良いよー」と貸してくれて、その時に初めてこの本の存在を知りました。

 

まずは図書館に置いてあるか調べるのをオススメします!

 

Amazonでは「へぇー」と思うレビューもあったので、レビューだけでも読んでみたらいいかもしれません。

 

今までの発達検査

多いんですが、良ければ読んでみてください🍀


2021年発売のこの本もWISCについて書いてあるみたいなので気になります↓

このページの下の方に👇カテゴリー注目記事があるので、良ければそちらも見ていってください☺

【境界知能の兄】どんな親にどんな育てられ方をしたのか/背筋が凍った話

 
未診断ですが、妹(私)の目から見て 境界知能で自閉症スペクトラムADHD要素も強い兄について書いています。

今回は兄を育てた我が両親について書こうと思います。

 

前にも書きましたが、我が家の発達障害は父方由来の遺伝だと思っています。

 

父は気は優しくて天然ボケタイプです。

 

自営業だからどうにかなったけど、サラリーマン勤めは厳しかったんじゃないかと本人も言っていました。

 

母はテキパキ働き者タイプ。

 

ちびまる子ちゃんのお母さんのような感じ。

 

ちびまる子ちゃんのお母さんの様にガミガミ怒ることはありませんでしたが。

 

「怒らない」訳ではなく、たまには怒られましたが、自営業手伝いが忙しかったりして基本的には子どものことは放任気味でした。

 

子どもの選択や進路に口を出すことはなく「好きにしたら」「自分で考え」とよく言われていた記憶があります。

 

よく、子どもがニートやひきこもりになる家庭は

・無関心な父

・過干渉な母

で構成されると言いますが(ソース無しの噂話ですが)

そういう家庭ではなかったと思います。

 

過剰に怒られることもなく、教育虐待もなく、兄妹仲は悪かったですが、夫婦仲は良かったです。

 

今でも両親は不思議と仲良しです。

 

ニートや引きこもりが悪いとは思っていません。人生の助走期間だったりもするし。

 

❝山奥ニート❞という言葉をご存じでしょうか?

 

私は何年か前にTVの報道特集か何かで見て知ったのですが、こういう生き方も素敵だと思いました。

 

実際は苦労も多いのでしょうが。

 

母の本音を聞いた日

 

ハルの障害が分かってから「兄ちゃんもそう(発達障害)だと思うよ」と母に言うと

「通りで育てにくかった訳だわ!」とすんなり受け入れた母。そんな母を見て「母は現実的だなぁ、理解があって助かるわぁ」

と思っていたのですが、今から4年くらい前、兄が36歳の頃にその考えは消え去りました。

 

母と❝実家じまい❞の話になり、母が嫁入り道具として持ってきた古い重たいタンスや着物や貴金属を「いずれは売るか捨てるかしないとねー」と話しているとき、母がポロっと

「将来お兄ちゃんのお嫁さんが使うかもしれないし」

と言ったのです。

 

 

母は兄本人には口が裂けても言いませんが(怒られるから)私には「お兄ちゃんは結婚できるかねぇ」などとたまに言っていました。

 

でも、それは兄が20代までの話です。

 

兄が30代になって相変わらずフリーターのままで、転職?(バイトでは転職とも言わないのか?)したり正社員になる気もなさそうだと分かってからは兄の結婚を心配する話はしてこなくなったので、とっくに諦めたのだとばかり思っていました。

 

しかし!この時によく話を聞いてみると母は諦めていない、というか希望を持ち続けている様でした(*_*;

 

「今は男の人の結婚年齢は上がってるのよ」

「私たちと同居してくれるカワイイお嫁さんが来てくれるかも♪」

 

 

挙句の果てには

ハル(我が子)のベビー服やおもちゃについて

母「取っておくの?」

私「いや、一人っ子決定だからリサイクルショップとかに売るー」

母「そんなのダメよ!お兄ちゃんの子どもにとっておかなきゃ」

と言うのです。

 

おーい

結婚もしてない、予定もない、彼女いない歴=年齢

の兄に何を期待しているの?

 

背筋が凍るとはこのこと。

ホラー映画を見ている感覚で母のことを見てしまいました。

 

父ならともかく、母がこんな考えをしていたなんて。

 

兄が40歳になった2022年の今、まだ希望を捨ててはいないのか怖くて母には聞けていません…

 

ひろゆきが親だったらどう育っただろう?

兄のような子を育てたことがないから理想論を語れるんだよな、と思っちゃいます↓

 

【境界知能の兄】兄のIQを考察/自分の障害を自覚しているようでしていない

未診断ですが、妹(私)の目から見て 境界知能で自閉症スペクトラムADHD要素も強い兄についてです。

 

兄のIQ

 

兄のIQについて「境界知能」「知的境界域」と書いてきましたが、じゃあ具体的にはどれくらいなのか考えました。

 

私は我が子がかつてIQ50と言われ、療育歴も6年目を迎えたので発達検査やDQ、IQというものが少しは分かります。

もちろんド素人ですが(;'∀')

 

我が子についてはこちら↓

 

最近は『ケーキの切れない非行少年』『コグトレ』などで「境界知能」という言葉も認知度が上がってきていますよね。

 

知的障害は2%、境界知能は人口の14%ほどいると言われています。

なので、日本では境界知能の人口は約1400万人です。

なかなか多いですよね。

 

1974年、約50年前まではIQ85未満が知的障害と診断されていたそうですが、1975年以降はIQ70未満が知的障害と診断されるようになりました。

 

なので、現在は

知的障害 IQ70未満

知的境界域 IQ70~85

 

ということになります。

 

↑漫画は3巻まで読みました。

 

もちろん、登場人物と兄は違いますが、似ているなと感じるところも正直ありましたし、読みながら冷や汗が出たことを覚えています。

 

 

 

 

兄のIQは90は無いとはっきり分かります。

でも、70以下でもなさそう。

私の目から見るとIQ80前後ではないかと思います。

 

もしWISC‐Ⅳを受けたとしたら

言語理解90

知覚推理80

ワーキングメモリ80

処理速度75

くらいだと予想しました。

 

実は最近ハル(小2の我が子)がウィスクを受けたのですが、その時にも「兄だったらこうだろうなぁ」と考えてしまいました。

※ハルの結果はまた後日書きます

 

兄は自分の障害を自覚しているのか?

 

兄は友人が1人しかおらず愚痴れる相手も家族だけなので、機嫌が良いと私にも話しかけてきます。

 

一度、ハルの障害が分かったとき

「私も発達障害あると思うし、父さんもじゃない?」

 

と遠回しに❝あんたもよ❞という思い込めて言うと

 

兄「俺もかもな

と言いました。

 

それが言いたかったのー!その通り!ビンゴ!

と兄の発言を聞いて私は内心小躍りしましたが、次の日兄の口からまさかの発言が…。

 

「今日仕事でさ、○○ってやつが~~でさーー(略)

あいつこそ発達障害だわ

 

❝あいつこそ?

俺は違うって思ってる?❞

怖くて聞けませんでしたが、どう考えても

「俺はそこまでじゃないな」

というニュアンスでの発言。

 

自分のことを客観視できない、自分を棚に上げる

昔のまんまでした(-_-;)

 

という訳で、兄は自分はADHDが当てはまると思っていつつも自分がグレーどころか真っ黒だとは思っていなさそうです。

 

知的境界域、境界知能

という言葉は知らなさそうだし、自閉症については「ネクラなやつのことだろ」くらいにしか思っていないと思います。

 

次は父母が兄にどう接してきたか、どんな育て方をしたかを掘っていこうと思います。

 

IQといえば将棋の棋士はとんでもなく高い上に凸凹も激しそうなイメージ。

日常生活大丈夫かな!?と思わせるエピソードもありながら、才能で突き進んでいく渡辺名人のほんわか日常漫画が面白かったです

(奥様が作者)↓

【境界知能の兄】40歳の現在/特徴55項目

 

未診断ですが、妹(私)の目から見て 境界知能で自閉症スペクトラムADHD要素も強い兄の現状です。

 

39歳と37歳の兄妹喧嘩

 

私と兄は2021年の冬に喧嘩をしました。

兄が39歳、私が37歳の時です。

 

喧嘩の原因は、2021年の年末年始に2年ぶりに実家に帰省したところ、家の中が荒れ果てており、父母が困っているのを見かねて私が兄の部屋以外の部分を片付けたからです。

 

片付けた、と言っても

・リビングに散乱しているマンガを一つの場所に固めて山積みにした、

・階段に詰まれた服はまとめてカゴに入れた

くらいです。

 

兄はいつも

「仕事が忙しくてしんどい」

「片付けろ!片付けろ!と追いつめられるとウツが悪化する」

と言うそうです。

(仕事:ファミレスでフリーター、繁忙期以外は週4短時間勤務、家事は全て母)

 

鬱の経緯についてはこちら↓

 

親も私も片付けについてはとっくに諦めているんです。

 

本田秀夫先生もADHDの片付け苦手タイプは努力しても片付けられるようにはならないという内容をおっしゃっていましたし↓

(私の曲解かもしれませんが)

 

 

兄に願うのは

「自分の部屋以外に物を放置しない」

「放置したなら他の人が動かしても怒らない」

という二点です。

 

前々からずーーーと伝えていてもこの二点ができない。

 

だから、私が帰省時に「父母のためにもせめて足の踏み場は作ろう」と物を動かしたんです。

 

※帰省前に「こういう訳だから、触られたくないものは部屋に持って入っといてね」とは連絡しました。

兄は既読無視でした。

 

でも、片付け後の状態を見て当時39歳の兄は怒り狂いました。

 

暴力を振るわれなかっただけ良かったです。

その点は兄も成長していました。

 

私が片付けたことがバレた時、

主人とハルもいる前で

「おい!お前、俺の物どこにやったんだよ!」

と乗り込んできました。

 

「移動はさせたけど、全て1メートル以内だし、兄ちゃんの部屋には入っていません」

「片付けるから触られたくないものがあったら部屋に移動させといて!とちゃんと予告しました」

と言うと、

「俺の使用済みテレホンカード捨てただろ!あれはゴミじゃないんだ!柄が良かったから取っといたんだ!」

と言いました。

私には覚えがありました。

 

昔のアニメの柄のテレホンカード。

37年も兄の妹をしているので、兄の考えはお見通しです。

「あーあれね、ここにある」

「ゴミに混ざって床に直接置いてあったから曲がったら価値が下がると思って避難させといた」

と仕舞っておいた場所から出して渡しました。

 

 

私が捨ててと思い込んでいた兄は少し怯みましたが、

「俺のモンにこれ以上触ったら許さねぇ!」

「仕事で忙しいんだ!移動させる時間なんてねぇ!」

とテレカを握りしめたまま、ドアをバーンとめり込むくらい閉めて立ち去りました。

 

※主人とハルはとっくに避難済み

 

「〇ね」とか「ぶっ〇す」とか言わなくなったことに私は兄の成長を感じました。

 

妹に勝手に掃除されて可哀そう

妹はもう実家に住んでいる訳じゃないんでしょう?

ほっとけば?

そう思う方もいるでしょうか?

 

まず、片付けたと言っても前述した通り、足の踏み場を作っただけです。

 

兄の部屋はどんなに汚れていて虫が沸いていてもノータッチです。

家主である父母が困り果てていたので家を出ている私が悪役になるしかない…と決行

した訳です。

 

父や母が兄の物に触れたら、その後ずっとネチネチ責められたり、直接暴力は振るわれなくても壁に穴をあけたり暴言くらいはあるでしょう。

 

家を出ている私が悪者になるしかありませんでした。

 

その喧嘩(?)から7か月。

母から聞いたところによると

「俺の物が○○(私)に動かされたのがトラウマ」

「フラッシュバックしてきて辛い」

心療内科の先生に薬を増やされた○○(私)のせいだ」

と言っているそうです。

 

何度も書きますが、兄の部屋には入っていません。

大事なものは何一つ捨てていません。

(大量にあるレシート、BOOKOFFのビニール袋、駿河屋の段ボールなどは捨てたけど兄は気付いてない)

散らばった漫画や服をまとめただけです。

片付けると事前予告もしていました。

それでこの恨みっぷり。

 

これを書いているのが2022年8月。

コロナ第七波が押し寄せているので、このお盆は帰省できるかは分かりませんが、帰省しても顔は合わせないと思います。

 

実家は二世帯住宅に近い作りなので避けようと思えば避けられるので。

(それもあって私が憎くても母に「妹を帰省させるな!」とは言いません)

 

友だちが1人しかいない兄は私の夫が数少ない話し相手なので

幽遊白書とかカービィの話」

「仕事(バイト)の愚痴」

をしたがって、帰省のたびに近寄ってきていたのですが、今回は私の顔も見たくないだろうから、それもないでしょう。

 

これに関してはむしろメリットです。

 

でも、当分の間は親からSOSが出ても、リビングがゴミだらけでも片付けはやめておきます。

 

「あいつのせいでメンタルが悪化して仕事(バイト)行けなくなった」

と私のせいにしてバイトを辞めかねないので。

 

でも、療育的な目線で兄のことを考えたら

「本人に変われ」は無理なので、家族側が変わったり環境調整すべし

なんでしょうね。

 

ハル(自閉症スペクトラムの7歳の我が子)についてなら考えられても、兄のことになると思考停止してしまって、「どうにかしよう」という気が起こりません。

 

父や母が亡くなったら後のことを考えたら、このままでは良くないんですが…。

 

 

兄の特徴

・自分を繊細だと思ってる

・首が閉まりそう、とマフラーNG

・厚着、重ね着を嫌う

・寒くても極力靴下を履かない(詳しくは一個前の記事へ)

・お口ぽかんのクチャラー

・ケチの方向性が変(詳しくは一個前の記事へ)

・恥ずかしくなるくらい食い意地が張っている

・親戚の集まりでは4歳の子を押しのけてでも大好物のお寿司をキープする

・好物はお寿司と甘いもの。ジュースが異様に好きで缶もペットボトルも冷蔵庫に常備

・服装/身だしなみに興味がない

・「そんなもんにお金を使うくらいならマンガ買う」が口癖

・なのにロン毛にはこだわる

・多分アニメキャラの影響

・でも、天パでぼさぼさで汚い

・ドライヤーが嫌いだとロン毛を乾かさず寝るので枕にカビが生えているが枕の上にバスタオルを敷いて寝ている

・バイトの時だけ髪をまとめている

・バイトを頑なに「仕事」という。本人が「バイト」と言ったのは聞いたことがない

・美容室は行ったことがない、伸びたら母が毛先だけ切っている

・ハゲかかったロン毛で落ち武者のよう

・見た目はインパルス堤下さんをロン毛にしてオシャレさを無くしたような姿

※堤下さんに恨みはありません。

 

・服も靴も母がしまむらで買っている

・20代の頃は「せめてどうにか」と私が兄に服を買ったこともあるが、何年経っても袋に入ったまま階段に置いてある(自室にすら持って入らない)

・服はタンスに入れずにハンガーラックを活用したらどう?という私のアドバイスにより、唯一部屋に入ることを許された母が兄の部屋にハンガーラックを設置するが、活用はできていない

・母も兄にお伺いをたててOKが出た日しか部屋には入れない

・部屋に入れても物を動かしたら母といえど怒鳴られる

・汚部屋

・物が捨てられない、というかゴミがあっても気にならない。それらを片付ける時間があるならゴロゴロしたい、という考え

・もちろん彼女ができたことはない

・恋愛感情はあり、片思いはしたことがあるみたい

・理想が高すぎてエベレスト並み

・いつか理想のお嫁さんが向こうから寄ってきてくれると半ば本気で思っている

・AT限定免許は2回落ちたが、3回目で受かる

・車には乗っていない

・不注意が酷い兄が運転するのは怖いので、そこは偉いと思うが「母さんが危ないから乗るなといったからだ」「俺の可能性を潰した」と母のせいにしている

・親へはいつまで経っても中学生のような態度をとる

・ラインは使っているがバイト先のライングループには入っていない

・ライングループに入ると色々面倒だから、という理由

・業務連絡は一人だけ店長からメールしてもらっている

・外ではおとなしい内弁慶。NOと言えない性格なので、急な休みの穴埋め要因として重宝されている

・高校の時の友だちが一人、バイト先にも少し仲の良い相手が一人いるそう

・誰かと遊びに出かけるのは年に2~3回

・冗談は理解できるみたいだが、冗談が嫌いで「冗談は言うな!」とキレる(これも自閉症あるあるの❝冗談が通じない❞に含まれる?)

・休みの日は自転車でブックオフをはしごして漫画を買うのが趣味

・通販は駿河屋が多い

・クレジットカードは信用していない、と使わないのでコンビニ振り込み

・趣味はアニメ>マンガ>ラノベ>ゲーム>たまにドラマや映画という順位

・複雑なストーリーのものは「よく分からん」と見ないし馬鹿にしている

・ハッピーエンド至上主義でバッドエンドは許せない

・アニメグッズや一番くじも買うがコレクションする程ではない

・DVDボックスをやたら買って袋から出さない

献血によく行っている。感謝され自尊心を取り戻す場所となっている

・自分の物を動かされると怒るが、大事にしている訳ではない。ホコリが積り、カビが生えても平気

電子書籍は許せない。紙にこだわりがある

・読み返すことなさそうな漫画でも捨てられないのは「万が一読みたくなったら困るから」

・将来の話をすると「ウツが悪化するからやめてくれ!」と怒るため親亡き後の話はできた試しがない

 

兄は療育手帳は取れなくても、精神障害者保健福祉手帳は取れると思います。

ハルでも3級は取れて年間10万円助かったので。

詳しくはこちら↓

 

次は兄が自分の障害に気づいているのか?という点について書きたいと思います。

 

※このページの下の方に👇カテゴリー注目記事があるので、良ければそちらも見ていってください☺